2018.07.25

blog

新見南吉誕生祭2018

もう夏休みに入っているんですね。
各地で様々なイベントやお祭りが目白押しとなっています。

 

安城市中心街にある安城アンフォーレ。
図書館をはじめホールや広場、公園などが隣接された複合施設で、情報発信や交流活動によって
週末ともなると多くの方で賑わっています。

今月末にアンフォーレでは、「新美南吉誕生祭」が南吉生誕105年を記念して行われます。

その中で、今年3月に名古屋栄三越で展示された『貝殻忌 新見南吉を偲んで 俊永作家作品展』
に展示された何点かを参加させていただくことになりました。

安城は新美南吉が女学校教員を務め、傍ら童話を発表したゆかりの深い場所です。
南吉に特別な想いを寄せる方々に観ていただけるよい機会をいただきました。

誕生祭は7/28~30までの期間ですが、「南吉をテーマにした絵画展」は30日のみとなります。

 

 

2018.07.23

blog

ART NEXT 3

今日は大暑、1年で一番暑い日でした。
ただ風があった為か昨日までより、体感的には幾分か過ごしやすかったです。
熱風じゃなかったですもんね。

明日7/24から開催されます「ART NEXT 3」
2019年のあいちトリエンナーレに向けて、名古屋周辺の15ギャラリーが集って
現在活躍中の作家作品を展示する催しです。
今回ギャラリーラウラさんから出品する、吉田友幸さんの飾りつけ時にお邪魔してきました。

 

吉田友幸さん、HP用にとカメラを向けると、この通り。
作家ごとにブースが分けられていますが、他の作品とも空間が程よくミックスされていて
明日のオープンが楽しみです。

会期 2018.7/24(火)~8/5(日)
11:00~19:00 最終日17:00
場所 電気文化会館 5F 名古屋市中区栄2-2-5

2018.06.07

blog

吉田友幸グループ展

梅雨入り発表されましたね。
今年はメリハリのある梅雨らしく、晴れたと思えばいきなり豪雨となる兆しがあり気象庁が注意を促していました。

4月に田口美術で個展をした吉田友幸さん。
今週末から地元東近江市図書館でグループ展が始まります。
タイトル『画家が図書館に絵をかざりに来る』は吉田さんがつけました。
『サンタが街にやってくる』みたいでワクワクします。
普段から足重に通っているこの図書館から依頼があり、地元の方に楽しんでもらえればとの思いでお受けする運びに。

6月9日(土)~7月8日(日)八日市図書館2Fギャラリー 10:00~18:00  休館日 月祝日・6/22

雨日が多くなるこれからの季節。
週末に図書館で静かに過ごすのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

2018.04.13

blog

花言葉は愛情

今年は例年に比べ全国的に桜の開花が、10日ほど早かったそうですね。
記録的な寒波が休眠打破を進めて花芽が成長しやすかったからだとか。
そんな訳で「ぎふ画廊巡り」が開催されている今は、もう葉桜となってしまいました。

今回その「ぎふ画廊巡り」リーフレットに掲載した吉田友幸さんの『なしの花』

 

薄ピンクの花びらが静かに光を放っていて
「4月の展覧会に最高だがね」
送られてきた画像を一目見て起用を決めました。
桜と勘違いしたんです、まあ梅と桃を間違えるようにです。
すぐに違いに気付きましたが、心揺れる作品に間違いありませんでした。

 

2018.04.12

blog

夜の入道雲

今日も大勢のお客様にお越しいただきまして、ありがとうございました。
昼すぎから在廊の吉田友幸さん、閉店までずっと喋りっぱなしでした。

今回DMにもなった『夜の入道雲』
60Pサイズと2Sサイズが出品されています。
こちらに向かってくる迫力ある60号とは違い、2号の雲ははるか先の空に高く湧き上がっている様。
「飛行機の窓から見ているようですね」
時間をかけて作品を鑑賞されていたお客様がそっと口にされました。
途端ジブリ好きな私には、映画『風立ちぬ』で流れていた“飛行機雲”の旋律が過ります。

「飛行機雲と入道雲は違うでしょっ」と吉田さんにはダメ出しされましたが、いいんです。
作品に魂が入ったんですから。

 

2018.04.09

blog

5848

岐阜の道三まつりが終わり、新年度の生活が戻ってきました。
ぎふ画廊めぐりは、まだまだ続きます。

田口美術で開催している『吉田友幸5848』
この5848って何かの暗号?とのお問合せをいただきます。

昭和58年4月8日  吉田さんの生年月日5848

昨日は吉田さん35歳の誕生日でした。
高校生の時出会った、建築家安藤忠雄氏のことば
「35歳まではいろいろ経験しよ」
真の社会人として始まる35歳を意識して生きてきた吉田さん、展覧会でその門出を迎えました。

宝鑑美術藤川さんが用意してくれたサプライズケーキで、作家のお仲間たちとお祝いすることに。

 

2018.04.07

blog

吉田友幸5848始まりました

DSC_0115

雨、上がりました。
しかし気温は2月末くらいに逆戻りです。

今年のぎふ画廊めぐり 田口美術は『吉田友幸5848』

今日は午後から、宝鑑美術スタッフ藤川さんの手作りお菓子でおもてなしさせていただきました。
お越しいただいた皆様は吉田友幸さんとの会話に花が咲き、その順番を待つ間は、お菓子を堪能したり作品を鑑賞したりとゆっくり楽しんでいただきました。

雑誌『+act』にサインする吉田さん。
「自分のサインなんかでええんかな」とつぶやきながらのひとコマ。

 

2018.04.06

blog

吉田友幸5848 いよいよ明日から

JRのダイヤが乱れているとかで、予定より早く岐阜入りした吉田友幸さん。
飾り位置も早々に決まり、照明に余念がありません。

4年前の個展とずいぶん展示会場の雰囲気が変わっています。
吉田友幸さん在廊日は

4/7,8,11,12,14,15

明日7日は午後から、名古屋のスタッフ手作りのお菓子とお茶でレセプションを予定しています。
どうぞ、お気軽にお越しください。

2018.04.05

blog

吉田友幸5848

桜の咲きっぷりを助けていた陽気も、今日から下り坂だとか。確かに、吹く風は雨の匂いがします。

4月7日から田口美術開催の『吉田友幸5848』

東近江から作品第一弾が届きました。

明日は第2弾が朝一に、午後には第3弾が吉田友幸さんと一緒に列車でやってきます。

箱もお手製なので、作品を扱うように開けては毎回ビックリ。

何が出てくるのか楽しみな、飾り付け前のひと時です。

今回作品は20点ほど。

 

 

2018.02.20

blog

webサイトをリニューアルいたしました

webサイトをリニューアルいたしました。