2019.11.22

blog

栗木義夫・栗木清美 二人展

11月も後半に入り寒さもぐっと増してきました。
そんな中 季節外れの台風27号が接近していて沖縄では警戒が必要です。

田口美術では今日から栗木義夫・栗木清美展が開催されています。
栗木義夫さんは陶器と鉄を使った立体作品の個展でお馴染みですが
今回は洋画家の奥様と二人展。
田口美術で飾りきれるか不安でしたが、そこは海外でも展示されているお二人のこと。
空間をかっこよく整えていただけました。

2019.04.22

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

この日曜日に田口美術で開催していた高柳むつみさんの個展「くうきをうつす 磁器」が終わりました。
久しぶりの高柳さんの展覧会でしたが常に新しい造形表現を試みる彼女の制作態度には感心しました。
個展に足を運んでいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

店主 拝

2019.04.21

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

13日から開催しているぎふの画廊巡り
田口美術の高柳むつみ展は本日が最終日となっております。
作家在廊いただいておりますので、ぜひお立ち寄りください。


『九尾狐盃』

やられました、その姿に心奪われます。
前回の盃を咥えた「アクロバット盃」も楽しませてもらいましたが
今回はエレガントさが増しています。

しかも 美尻

 

2019.04.20

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

今日もよいお天気です。
郊外を走ると気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼりを見かけます。


『蓮池の泡玉壷』

つかんだ時に手の中に心地よく納まるカタチ
少し斜めになっているのは、あぶくが揺れさまよう様子から。
5つある窓からちらっと見える魚が可愛くて、他にもいないかくるくる回して探します。
この遊び心が何とも魅力。

 

 

 

2019.04.19

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

10連休が目前です。
そして新しい元号令和が始まります。

高柳むつみ展
『環のかたち』(めぐりのかたち)

ゆく時代とくる時代 移り変わる時をじっと見据えているような
そんなくうきを感じます。

 

2019.04.18

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

『虚の開花』

画廊内は少し冷んやりしているせいか、外に出ると陽気には驚きます。
花の盛りもいつしか過ぎて、葉桜の季節を迎えました。
生命力あふれるこの時期
様々な植物がつぼみを開いて街に彩を添えてくれます。


真っ白な花弁に覆われた内側には小世界が潜んでいます。

2019.04.17

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器

どれかひとつだけを選ぶ苦しみとワクワクさ。

田口美術で開催されている 高柳むつみ展 くうきをうつす磁器 蓋物のブース
「どれにしようか・・・」
「こんなところにも絵が描かれているのね」
足を止め作品に触れたりぐるっと回って覗き込んだり驚いたり溜息ついたり
どうぞ、お客様ゆっくり楽しんでください。


 

2019.04.16

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器 

『高柳むつみ展 くうきをうつす磁器』
高柳さんがこのテーマを心にもち個展を始めたのが2011年
そこから10回を超える展示を重ねてきました。
今回田口美術で開催するにあたってこんなコメントを書いています。

 

毎回、この曖昧な行為の仕方を探り、
吹き荒れるフェノメノンから探り出したものを、たんとよそったうつわをつくりあげてまいりました。
作品という形で立ちあげられた くうき を感じていただければ幸いです。


高柳さんが感じ取った空気感
くうきをうつす磁器たちが誘ってくれます。

2019.04.15

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器 

夜半過ぎまで続いた冷たい雨が上がりました。
田口美術で開催されている『高柳むつみ展 くうきをうつす磁器』、今回は新作オブジェ、蓋物、酒器が揃っています。
『作品という形でたちあげられた くうき 』を感じ息を漏らすお客様ばかりです。

2019.04.11

blog

高柳むつみ展 くうきをうつす磁器 今週末からです

高柳むつみ個展「くうきをうつす 磁器」
4月13日から始まります。
田口美術では2回目となる個展、前回(2013年)からかなり開いてしまいました。
高柳むつみさんの作品は染付を中心とした細かな絵付と、彼女しか作り得ない独特な器形が特徴です。
独特な形に果敢に挑むのですが失敗も多く、DMの作品が出来上がらなくてヒヤヒヤしました。
そんな彼女の作品を1人でも多く間近に見ていただければ幸いです。
また、高柳さんは京都市立芸術大学で陶芸を学びその時の先生が栗木達介氏でした。
達介氏は6月に田口美術で展覧会を予定している彫刻家栗木義夫さんの兄になります。
人の縁を感じずにはいられません。
店主 拝

123