2020.11.24

blog

服部しほり展 あそべばゑ

「絵に描いた酒」部分 6M号

 

服部しほりさんが今回テーマにしている「遊び」
荘子の逍遥遊の一説「無窮に遊ぶ」に始まっています。
「遊ぶように」「遊びながら」「遊び心」など、日頃から何気に「遊び」を付けた言葉を口にしていますが

 

荘子を説くに
自然に身を任せた先のたまたまの出会いに「道」があり
遊び心が引き寄せる偶然にこそ人生の本質がある。(省略)

 

服部しほりさんはそこに「絵」があったと個展の紹介文に記しています。

 

「どこからこんな発想が出てくるの?」

服部作品をご覧になり
笑みを浮かべながらも感心することしきりのお客様の声は、初の個展から今も変わりません。

 

「絵に描いた酒」

絵に描い餅は食べられないけど、絵に描いた酒は飲めるんです。(服部しほり)

2020.11.23

blog

服部しほり展 あそべばゑ

 

今展覧会で小品ながら気に入っている作品です。

「山越え」は人が大きなものを超えていく姿に自分を投影しているそうで
服部さんはこの絵で苦手な直線や原色を使って自分の壁を越えようと挑戦したそうです。
はい、たいへんよくできました。(店主)

 

2020.11.21

blog

服部しほり展 あそべばゑ

スリリングなオープニングで始まった服部しほり展「あそべばゑ」
田口美術では4年ぶりの個展です。
新型コロナウイルス影響で国内の展覧会や催事のスケージュールが狂いまくっている中
服部しほりさんの気張りで予定通り開催することができました。

 

今回はSMから15号の作品や軸装
特別展示の屏風で会場が飾られています。

 

「たくさんの方に遊んでいただけますように」
とは服部しほりさんからのコメント。