2018.04.13

blog

花言葉は愛情

今年は例年に比べ全国的に桜の開花が、10日ほど早かったそうですね。
記録的な寒波が休眠打破を進めて花芽が成長しやすかったからだとか。
そんな訳で「ぎふ画廊巡り」が開催されている今は、もう葉桜となってしまいました。

今回その「ぎふ画廊巡り」リーフレットに掲載した吉田友幸さんの『なしの花』

 

薄ピンクの花びらが静かに光を放っていて
「4月の展覧会に最高だがね」
送られてきた画像を一目見て起用を決めました。
桜と勘違いしたんです、まあ梅と桃を間違えるようにです。
すぐに違いに気付きましたが、心揺れる作品に間違いありませんでした。

 

2018.04.12

blog

夜の入道雲

今日も大勢のお客様にお越しいただきまして、ありがとうございました。
昼すぎから在廊の吉田友幸さん、閉店までずっと喋りっぱなしでした。

今回DMにもなった『夜の入道雲』
60Pサイズと2Sサイズが出品されています。
こちらに向かってくる迫力ある60号とは違い、2号の雲ははるか先の空に高く湧き上がっている様。
「飛行機の窓から見ているようですね」
時間をかけて作品を鑑賞されていたお客様がそっと口にされました。
途端ジブリ好きな私には、映画『風立ちぬ』で流れていた“飛行機雲”の旋律が過ります。

「飛行機雲と入道雲は違うでしょっ」と吉田さんにはダメ出しされましたが、いいんです。
作品に魂が入ったんですから。

 

2018.04.09

blog

5848

岐阜の道三まつりが終わり、新年度の生活が戻ってきました。
ぎふ画廊めぐりは、まだまだ続きます。

田口美術で開催している『吉田友幸5848』
この5848って何かの暗号?とのお問合せをいただきます。

昭和58年4月8日  吉田さんの生年月日5848

昨日は吉田さん35歳の誕生日でした。
高校生の時出会った、建築家安藤忠雄氏のことば
「35歳まではいろいろ経験しよ」
真の社会人として始まる35歳を意識して生きてきた吉田さん、展覧会でその門出を迎えました。

宝鑑美術藤川さんが用意してくれたサプライズケーキで、作家のお仲間たちとお祝いすることに。

 

1234