2021.04.18

blog

吉田友幸個展『誕生』

吉田友幸個展『誕生』

コロナで緊急事態が危ぶまれる中、会期を無事終えることができました。

期間中足を運んでいただきましたお客様に心よりお礼申し上げます。

また、HPで閲覧いただきましたお客様におかれましても深く感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

2021.04.16

blog

吉田友幸個展『誕生』

吉田友幸個展『誕生』

お陰様で、小品完売となりました。
ひとえに支えて下さるファンの皆さまを始め、作品・作家の人柄に尽きると思います。

 

本当に嬉しそう(失礼な表現で恐縮です)に店内に入ってこられるんです、お客様。
吉田さんが在廊していると手を振ってお互い「おー!」みたいな。

不在の時は、スッと深呼吸するように店内を見渡される。
作家に久しぶりに会ったような表情で鑑賞されています。

 

「水仙」

 

2021.04.15

blog

吉田友幸個展『誕生』

3年前の個展タイトルが「吉田友幸5848」
自身の生まれ日を使いました。
今回はひとまわり大きくなったようにも思える『誕生』

冒頭でも記したように、生まれた地「今治」に滞在しあらゆる器官を通して伝わってくる初めての感覚
を作品に投影している最中らしい。
今展覧会その未完成の作品が申し訳なさそうに飾られていますがなかなかの好評。
今秋地元での個展を皆さま楽しみにされていかれます。

今治から吉田さんが送ってくれた地元産果実

ひとつひとつに品種を書いて貼ってあるところが彼らしい一面
ひと通り食べたコメント入りがユニーク。

 

 

 

 

 

タイトル:「春の草」

「ヒメオドリコ草」ではなく「春の草」ってするところがいいですね。

とはお客様
いいところ突いてます。