2020.04.30

blog

田口美術 作家紹介

新型コロナウイルス感染が猛威を振るい出した1月末
数々の恒例行事が中止となり3月4月が瞬く間に過ぎていきました。
この大型連休が今後の事態に大きく影響すると言われています。
長期化しそうな休業はブログ再開するよい機会と捉えてやっていきます。
田口美術は2007年に岐阜県可児市から県美術館に近い岐阜市に移転し現在に至ります。
以前と少し変わったのは巨匠作家や古美術の他に、ギャラリーとして作家展覧会を始めたことです。
ここから田口美術で扱う作家の皆さんを改めて紹介していきます。

vol.1栗木義夫 彫刻家
1955年愛知県瀬戸市生まれ 陶芸家の栗木伎茶夫を父、栗木達介を兄に持つ。
日本大学芸術学部に進学後、愛知県立芸術大学大学院に進み柳原義達の書生として過ごす。
長年河合塾で指導する傍ら新制作の会員として発表を続ける。
私が東京の画廊に勤めていた頃、父伎茶夫氏に紹介され初めて銀座の展覧会を観る。
迫力ある作品にこの作家をもっと多くの人に知ってもらいたいと思ったのが、ギャラリーを始めたきっかけと言っても過言ではないです。
その時気に入った作品についてはいずれあらためて紹介します。
栗木作品、私個人のイメージでいうと無印良品的とでもいいましょうか。
シンプルかつ想像外な形態だけどなぜか懐かしい感じがする。
それは私たちが日常手に触れているものを手の感覚に任せて再構成しているからなのでしょう。身近なものが見たこともないようなカタチに変容していくのは意外性があり面白い。そして不思議と癒されるのである。