2020.05.12

blog

田口美術 作家紹介

前回までは田口美術のツートップとして、栗木義夫・坂本一樹を紹介しました。
ここから少し若い作家へと続きます。

以前より田口美術で若い作家の企画展を模索していた時、常連のお客様から3人の作家を紹介いただき
2011年11月 -原石展- が始まります。
原石展vol.1 吉田友幸 洋画家
1983年滋賀県大津市生まれ 現在
吉田の作品を最初に観た時、不思議な感じを受けたことを覚えています。
静謐で孤高な雰囲気があり、すごく繊細で神経質な作家だろうという先入観がありました。
でもそれは見事に裏切られる。
3年ほど前にNHKで偶然取材を受けた番組を見た方はわかるでしょうが、気さくで飾っけのないお兄ちゃんでした。
高校を卒業後スペインマラガに滞在したというので留学かと思いきや、単に行って住んでみただけらしい。
そんな彼だが独学で創り上げたマチエールは独創性があり、かつ完成度も高い。
日常の中で見落としてしまう、他の画家なら絵として取り上げない景色を切り取る。
美大の卒業生だとまずはやらないだろうことをする。
いろいろな絵がひしめく中、彼の作品が光るのはそういうところだと思えるのです。
掲載作品『夜の入道雲』は2018年春に田口美術で開催した個展出品作。
出来が良いので当画廊で引き取りたかったのですが、翌年夏に展示したギャラリーサラさんから熱烈な申し入れを受け
今はそこにあります。