展示会情報

『中上清展』:2017年4月8日(土)~16日(日)

1949年静岡県生まれ。2015年以降、2回目の個展。中上は金色を巧みに使った抽象作品を数多く手がけてきたが、近年まるで光が漏れ溢れるような作品を制作するようになった。宗教画のようにも見える神々しさを備えた作品をぜひご覧ください。

服部しほり展『一筆鶏上 - 意は筆先にあり -』:2016年11月13日(日)~23日(水)

服部しほり展を開催します。詳細はこちらで。
今回は来年の干支にちなんだ「鶏」ばかりの作品展。また、今回はその展覧会で出展された作品たちをカレンダーにして限定販売します。ぜひお楽しみください。

ULR 清水温度:2016年4月9日(土)~4月17日(日)会期中無休

大垣市在住の作家、清水温度(しみずおんど)の個展。
単純な数パターンのステンシル「壁紙」を組み合わせることによって模様の中から絵が浮かび上がるような作品をつくり上げる。
その模様のような作品から絵が浮かび上がる距離感が、絵を見る行為自体を再認識させられる体感系のアート作品でもあります。

奥西賀男 油絵小品展:2016年1月16日(土)~1月30日(土)月・火休み

1945年岐阜市生まれ。1970年東京芸術大学油画科卒業。1974年渡仏、パリ国立美術大学入学。1975年サロン・ドートンヌ入選。個展多数ですが、このたび、田口美術でも油絵小品展を開催します。
また、期間中は メディアコスモス新春美術館『色即是芸』の「奥西賀男展」でも同時開催しております。

名画名品展:2015年11月27日(金)~12月6日(日)

このたびの「名画名品展」の見どころは、なんと言っても川合玉堂。
京都時代の若年期の貴重な歴史画から、中年・壮年・晩年期の鵜飼、山水などを集めました。幅広い時代と画題の作品を、店主の解説付きで観覧していただけます。
また、中津川出身の前田青邨の牡丹図も、豪華で一見の価値のある作品です。現在、「生誕150年 前田青邨」が、近くの岐阜県美術館の所蔵展で開催されています。 併せてご観覧いただけますと、見応えがあります。

Kano Art -5 Artists:2015年11月14日(土)~11月23日(月)

岐阜県立加納高等学校創立100周年記念事業・音楽科創立60周年・美術創立50周年、後援 岐阜県・岐阜市。
「Art Festa in GIFU」の一つとして、田口美術では西垣祐児、神戸智行、酒井紫羊、大平由香理、寺倉京古の5名で美術家同窓作家5人展「Kano Art -5 Artists」を開催します。

中上清展:2015年7月11日(土)~7月19日(日)

1949年静岡県生まれ。現在は横浜在住。国内の画廊、美術館で個展、グループ展を開催。海外でも発表する場を広げています。愛知県美術館所蔵作家、中上清の個展を岐阜で観られるのは、今回、田口美術での展示が初めてです。7月12日には作家在廊日となっています。

岡田敏幸展:2015年4月11日(土)~4月19日(日)

東京藝大で木工を学んだ岡田は、木の暖かみを生かしながらユニークな造形作品を創り続けている。
近年では、球の面で歯車を回転させる非常に技巧的な『シュガーポット』の作品などがある。
遊び心が随所にあふれる、まさに「からくり」な作品が多様。

栗木義夫展:2014年11月15日(土)~11月22日(土)

「栗木義夫の作品が持つ雰囲気は、リアルな日常を共有したいと思わせるような親近感をまとう」と名古屋ボストン美術館長 馬場駿吉 氏。
田口美術での展示会は4年ぶりだが、今までの作風の流れの中で一つの区切りを付ける思いで栗木義夫は臨みます。

吉田友幸 絵画 -原石Vol.5-:2014年5月10日(土)~5月18日(日)

原石シリーズVol.1の作家、吉田友幸、2年半ぶりの個展です。
東近江市の田園地帯で悠々自適に、身近な花や虫、風景をひたすら描く吉田。「絵描き」でいたいという彼の作品には不思議な存在感があり、作品たちがその内面を映し出しているかのようです。

6人展 -原石Vol.4-:2014年4月12日(土)~4月20日(日)

原石シリーズvol.4になる今回は、田口美術初のグループ展です。石谷雅詩・岸本浩希は院展出品をはじめ、百貨店や画廊での個展を精力的に開催、人気・実力も安定しています。
社本奈美、杉佳子、山川光里、中山志野においては、まだそれほど多くは知られていないが、スタイルが確立しつつあり、これからが楽しみな作家たちです。
今回は統一されたS6とSMに、各々の旬な感性を表現いただいています。
出展作家紹介:石谷雅詩1981年生・岸本浩希1982年生・社本奈美1985年生・杉佳子1985年生・山川光里1986年生・中山志野1986年生。全員が愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒。

坂本一樹 絵画展 宙の話:2013年11月23日(土)~12月1日(日)

坂本一樹は森羅万象をテーマに、存在の神秘、生命の喜び、美しさを日本画特有の質感と色彩を用いて印象的に描きます。その多様な表現の中には、無限の空間の広がりと深さを感じることができます。ぜひ、この坂本一樹の世界をご覧くださいませ。

深層表現展:2013年11月9日(土)~11月17日(日)

稲葉彰『パリの街角』(油絵)・桑原聖美『ディーヴァの涙は物語のはじまり』(日本画)・中川知洋『バラの花輪』(アクリル)。ジャンルを超えた3参加が「深層」を競演します。この「深層表現展」は田口美術初のグループ展です。

くうきをうつす磁器/マルトリケトラ 高柳むつみ-原石Vol.3-:2013年4月6日~4月14日

1985年富山県生まれ。2010年京都市立芸術大学大学院修了、現在は富山県八尾町にて制作活動中。

名品展:2012年12月2日(日)~12月9日(日)

2012年度最後の名品展。出展作家は横山大観、村上華岳ほか。

生誕100年 守屋多々志挿絵展~たゆまぬ創意にふれて~:2012年9月26日(水)~10月7日(日)

歴史画で知られる守屋多々志は73年の画業の中、数多くの挿絵を手掛けており、今回は新聞などに掲載されたと思われる様々なモチーフを描いた作品100点余りを展示いたします。
 師前田青邨の「日本画の基礎は写生と古画の勉強である」との教えを基に独自の世界を展開。挿絵にもその画想が施されており守屋芸術を堪能することができます。
 郷土の文化勲章受章作家をもっと身近に関心を持ってもらいたいとの田口美術店主の願いから、2012年8月10日、作家の生誕100年に合わせ、大垣市にある守屋多々志美術館に寄贈したものはこれと同類の作品です。

俺の園two~服部しほりの日本画展~-原石Vol.2-:2012年4月7日(土)~4月15日(日)

1988年京都市に生まれる。2012年現在、京都市立芸術大学大学院修士課程 美術研究科絵画専攻日本画2回生在学中。彼女の作品は骨太で豪快な筆致の中に女性特有の完成が見られる。モチーフも女性作家としては似つかわしくない江戸絵画を思い起こしユニークな作品です。
服部しほり先生のサイトはこちら

吉田友幸展 -原石Vol.1-:2011年10月26日(水)~11月5日(土)

1983年滋賀県大津市に生まれる。高校生のとき、油絵を始める。写実性の高い作品が印象的。

奥西希生展:2010年4月9日(土)~4月17日(日)

1979年神奈川県生まれ。仏像彫刻の仕事等を手がけ、古典的な技法を取り入れつつユニークな動物作品を制作

絵画名品展:2010年10月27日(水)~11月7日(日)

横山操、三岸節子、川合玉堂、前田 青邨、加藤栄三、絹谷 幸二、他。

栗木義夫展:2010年4月14日~4月25日(日)

彫刻家、栗木義夫展が開催されます。

名品展:2009年11月25日(水)~11月30日(月)

大橋翠石、守屋多又志、加山又造、加藤栄三他。

坂本一樹展:2009年9月30日(水)~10月10日(土)

自由でいて巧緻、内気にして悠然と広がる坂本一樹の絵画。

K氏コレクション展 PART-1:2009年6月10日(水)~6月21日(日)

岡本太郎・熊谷守一 壺、藤田喬平・飾筥、赤塚不二夫、緒方拳、他多数。

大森暁生展――METAL WORKS:2009年4月10日(金)~4月19日(日)

彫刻家大森暁生氏の個展を開催いたします。展示会初日(4月10日)のみ、大森暁生氏が田口美術にご来廊いただけます。

絵画名品展:2008年10月15日(水)~10月19日(日)10:00~18:00

ヨーロッパ絵画を中心に名品展を開催いたします。出展作家は、ユトリロ、ヴラマンク、加山又造、棟方志功。

岡田敏幸 木の椅子展:2008年4月9日(水)~4月20日(日)

岡田敏幸の個展を開催いたします。

岐阜の画家展:2008年2月13日(水)~3月2日(日)

前田青邨や大橋翆石などの作品を展示いたします。

絵画名品展:2007年10月9日(火)~10月21日(日)

川合玉堂や前田青邨など、近代から現在まで13名の日本画や洋画の巨匠を集めた名画名品展。

川合玉堂展:2007年9月18日(火)~9月30日(日)

全国に知られた郷土出身の画家、川合玉堂が亡くなられて今年で50年になります。玉堂は、現代に失なわれつつある日本の長閑な四季の風景を独自の筆法で表現してきた画家であります。今回は玉堂とその弟子の作品を二十点余り展示販売いたします。

高僧墨蹟展:2007年5月22日(火)~6月3日(日)

岐阜県ゆかりの禅僧20名の墨蹟作品を展示いたします。

坂本一樹展:2007年4月10日(火)~4月22日(日)

奥西賀男展:2007年2月20日(火)~3月4日(日)

岐阜市出身の洋画家奥西賀男氏の個展を開催させていただきます。

守屋多々志イラスト小品展:2007年1月13(土)~1月28日(日)

田口美術画廊開廊記念につき、「守屋多々志イラスト小品展」を開催させていただきます。500余点のイラスト作品を集めさせていただきました。

田口美術です

blog:丁稚日記